ネットでお金借りる

『生活費が足りない…』

『月末の支払いに間に合わない…』

こういったお金の悩みを抱えている人は多いですよね。こういう悩みを抱えたとき、あなたならどのようにして解決しますか?

もっともシンプルなのはお金を借りること。ただ、お金を借りると言っても、『審査に通るのか不安』という声や『今すぐ必要だから手続きをしている時間なんて無い!』という声を聞くことがあります。

そんな人におすすめしたいのが『ネットでお金を借りる』ということ。インターネットが普及した現在、24時間どこにいてもネット環境さえあれば即日でお金をかりることができるのです。

このサイトでは、ネットでお金を借りるための知識と、おすすめの借入先などを紹介していきます。

ネットでお金借りるならどこがおすすめ?

結論から言うと、ネットでお金を借りるのであれば消費者金融がおすすめです。消費者金融といっても大手から中小などさまざまな企業がありますが、ここでおすすめしたいのは大手消費者金融になります。

大手消費者金融というのは日本でいうとプロミスやアコム、モビット、アイフルなどが有名です。おすすめの理由はいくつかありますが、そのなかでも主なものを挙げると以下のようになります。

  • 即日融資に対応している
  • 無利息キャンペーンなどが豊富
  • 資金源が豊富で安心

以下、これらについて詳しく見ていきましょう。

即日融資に対応している

大手消費者金融の多くが即日融資に対応しています。即日融資というのは当日中に借りられることをいい、今すぐお金が必要な人にとってはとても嬉しいサービスでしょう。

銀行や公共機関でもお金を借りることはできますが、融資までにかなりの時間がかかります。例えば、銀行の場合、どれだけ早くても審査完了までに1〜2週間はかかります。そうなると、実際にお金が手元に入ってくるまでには最低でも2週間以上待たなければならないことになります。

これは今すぐお金が必要な人にとっては相当長い時間といえるでしょう。その点、大手消費者金融は即日融資こぞって力を入れており、条件が整えば最短1時間ほどでの借り入れが可能です。

無利息キャンペーンが豊富

無利息キャンペーンというのは、借り入れから一定期間内に全額を返済することができれば利息が掛からないという大手消費者金融ならではのサービスです。期間は借りる会社によって変わってきますが、おおむね1ヶ月以内とするところが多いです。

そのため数十万円という大きな金額を借りる場合には期間内の返済は難しいですが、数万円程度の少額融資であれば金利ゼロ円で借りられる可能性があるのです。消費者金融というと金利が高いというイメージを持っている人は多いですが、こういったキャンペーンを有効活用することによって銀行よりも低金利で借りられる可能性があるんですね。

資金源が豊富で安心

プロミスやアコムなどのような大手消費者金融のほとんどはメガバンクの関連会社になっています。例えば、プロミスであればSMBCコンシューマーファイナンスの完全子会社です。つまり、SMBC三井住友銀行の関連会社というわけですね。また、アコムも三菱フィナンシャルグループの関連会社です。

このように、大手消費者金融のバックにはメガバンクがいるため、資金源が豊富なのです。資金源が豊富にあるということは、倒産リスクが低く、余裕を持った返済プランを提案してもらうことが可能であるため、私達利用者にとってもメリットは大きいんです。

ネットでお金を借りる手順

ネットでお金を借りる際の手順は以下のとおりです。

  1. Web申し込み
  2. 審査結果
  3. 必要書類の提出
  4. 指定口座に振込

1.Web申し込み

各消費者金融の公式ページにアクセスし、申込みを行います。申込みでは、氏名や住所、生年月日などの基本的な情報から勤務先の情報、家族構成などを記入します。会社によって記入すべき内容は若干異なります。

2.審査結果

インターネットから申し込みを行うと、審査が行われます。審査は過去の信用情報などをベースに判断されます。大手消費者金融の場合であれば、早くて30分程度、遅くともネットからの申込みであれば当日中に結果がわかることがほとんどです。(申し込み時間など条件によって若干のズレあり)

3.必要書類の提出

無事審査に通過したら、契約を結ぶために必要書類を提出します。各会社が指定する必要書類を提出しましょう。提出といっても、ネットからの申込みの場合にはメールで書類のキャプチャ画像などを送ることで完了する場合が多いです。また、ここでいう必要書類は本人確認書類と収入証明書が基本で、本人確認書類としては免許証があれば万全です。ちなみに、収入証明書は借入額が一定金額を超えた場合に必要になるもので、50万円未満の借り入れでは必要ないことがほとんどです。

4.指定口座に振込

契約を結ぶことができたら、こちらが契約時に指定した銀行口座に振込をしてもらいます。契約完了から振込までの時間は数分程度ですので、契約が終われば実質いつでもすぐにお金を借りれる状態になっているということになります。(銀行の営業時間外は基本的に日をまたぐ)ちなみに、口座に振り込んでもらう以外にもコンビニATMやキャッシング専用ATMなどで借り入れを行うこともできます。

ネットでの借入先を選ぶ際に注意すべきポイント


ネットで借入先を選ぶ場合には、以下の点に注意してください。
・知名度のある大手で借りる
・融資実行までの時間を見る
・在籍確認が有無になる条件をしっかり見ておく
大手消費者金融を選んでいる場合には、金利に大きな差はありません。そのため、金利をベースに選ぶのではなく、これら3つの点を中心に選別していくといいでしょう。

知名度のある大手で借りる

今までお金を借りたことがない人の場合には、どのような借入先があるのか?、どこで借りるのが正解なのか?ということが分からないという人も多いはずです。このような状況で、ネットでお金の借り方を検索すると、間違った借り方をしてしまう可能性もゼロではありません。そのため、ネットでお金の借入先を探す場合には、とにかく知名度のある大手で借りるというのが大原則になってきます。なかには、審査のゆるい中小の消費者金融を薦めているサイトもありますが、大手て比べると返済方法の柔軟性や金利、サービス面などで雲泥の差があります。くれぐれも、聞いたことが無いような借入先を選択しないように注意してください。

融資実行までの時間を見る

ネットでお金を借りたい人のほとんどは、今すぐお金を借りたいという人でしょう。なるべく早く融資を受けるためには、当然ですが融資実行までの時間を見なければなりません。このとき注意したいのが審査にかかる時間と融資実行にかかるまでの時間です。銀行や消費者金融をはじめ、多くの金融機関では『最短〇〇で借入可能!』と謳っている場合の時間は審査完了までの時間です。つまり、実際の契約をして融資が実行される(手元にお金が振り込まれる)までには、プラスアルファの時間がかかってくるということですね。例えば、最短30分で借入可能!と書いてあっても、実際には審査が最短30分なだけで、実際にお金が振り込まれるのには1時間以上必要というケースも珍しくありません。このように、謳い文句に踊らされず、しっかりと詳細を確認して、融資実行までの時間が短いところを選ぶようにするのがコツです。

在籍確認が有無になる条件をしっかり見ておく

ネットでお金を借りる方法を探している人の場合、会社や家族にばれないかを心配している人も多いでしょう。現在、大手消費者金融は個人のプライバシー保護を重視しているため、会社名で自宅に連絡が来ることや宅配物が消費者金融の名前で来ることは基本的にありません。しかし、審査の段階で必要になってくる会社への在籍確認は避けられないのが普通です。ただ、この在籍確認すらも近年の大手消費者金融では一定の条件を満たすことによって、無しすることができるようになっています。Webから申し込みをするだけで、在籍確認なしに審査が完了するというのは会社にバレずにお金を借りたい人にとってはとても嬉しいことですよね。在籍確認が免除される条件については、各金融機関ごとに細かく設定されていますので、ここを重視する場合には必ず事前に確認するようにしてください。

ネット申し込みなら24時間365日いつでも可能


ネットから申込みをするメリットはたくさんありますが、そのなかでも最も大きいのはいつでも申し込めるということです。営業時間が長いことで有名な消費者金融であっても、電話や店頭による申込みは平日の日中でなければ申し込むことができません。しかし、ネットからの申込みであれば、たとえ休日や祝日であったとしても申込みをすることができます。また、会社の営業時間外である深夜であってもネットであれば通常通り申込みをすることができます。お金が必要になる場面というのは急にやってくるものですので、これを考えると24時間365日申し込めるというのはとても大きなメリットですね。ちなみに、大手消費者金融の場合には無人契約機も24時間365日受付をしています。ただし、無人契約機が設置されているところは限定的なので、そこまでわざわざ足を運ぶのであればネットからの申込みの方が便利です。

Web完結という申込み方法がある

ネット申し込みで受けられるもうひとつの大きなメリットがWeb完結です。Web完結というのはその名の通り、インターネットからの申込みだけで審査から契約まですべてを済ますことができる申込み方法になります。従来であれば、お金を借りる場合には必ず契約書類などを書いたり、必要書類のコピーを提出する必要がありました。しかし、スマホなどの普及とともにネットで契約まで完結できるサービスを大手消費者金融が考え出し、近年実施されるようになりました。大手消費者金融のなかでも、SMBCモビットやプロミスがWeb完結を導入しています。Web完結の凄いところは、必要書類の提出だけでなく、在籍確認すらも行われないというところです。このように申し込み手続きや審査が簡略化されているので、もちろん申し込みに際して条件はあるものの、とても便利な申込み方法であることに違いはないでしょう。

即日融資をしたいなら平日14時までに契約を完了させること

なるべく早くお金を借りたいという場合にも、ネットから申し込みをすることによって最短最速で融資を受けることができます。ただし、ココで注意したいのが当日中にお金を借りたい場合には、遅くとも平日の14時までには契約を完了させる必要があるということです。審査や契約手続自体は、14時以降でも行っているのですが、銀行が15時で営業を終了してしまうため、当日中に借りたい場合には遅くとも14時までに契約を完了しておく必要があるのです。消費者金融との契約までの流れでもっとも時間がかかるのは審査と契約手続きです。審査は申込み内容に不備がない場合には、最短30分程度で完了し、そこから契約までがおよそ1時間程度です。ただ、これはあくまでも最短時間ですので、余裕を持って考えると14時の3~4時間前までには申込みを行いたいところです。つまり、当日中にお金を借りたい場合には平日の10時くらいにはネットから申込みをしておきたいということですね。

プロミス
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

アコム
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

モビット
ここに広告タグ(300 x 250)をコピペ
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
項目名
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。
項目名 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ